検索
  • 事務局

BPCC16審査結果

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)の最終審査結果を掲載します。


【最優秀賞】該当なし

【優秀賞】

・株式会社セームページ:シェアリングエコノミーで実現する手ぶら観光サービス Tebura

・Goods株式会社:お客様の再来店と店舗の成長を支援するマーケティングツール「POILY」

【企業賞・マイクロソフト賞】

・Goods株式会社:同上

【企業賞・漆間総合法律事務所賞】

・株式会社エムスクエア・ラボ:JapanAgriTechで世界を救う事業

・株式会社3D!:3D技術で理想の歯科治療を実現する

【日本MITベンチャーフォーラム正会員特別賞】

・株式会社3D!:同上


ファイナリスト(発表順、敬称略)


  1. シェアリングエコノミーで実現する 手ぶら観光サービスTebura:高木 昭博 株式会社セームページ/SamePage Ltd. 代表取締役

  2. JapanAgriTechで世界を救う事業:加藤 百合子 エムスクエア・ラボ 代表取締役

  3. お客様の再来店と店舗の成長を支援するマーケティングツール「POILY」:石川聡彦 Goods株式会社 代表取締役

  4. 文化財専門家と連携・案内板システムで実現「歴史文化で人生に喜びと潤いをもたらす事業」:松山 ちあき 有限会社かたらんね 代表取締役 文化資源コーディネーター

  5. 3D技術で理想の歯科治療を実現する: 荒川 愛子 株式会社3D! 代表取締役

  6. ~心をひらいて 耳をひらく~音楽による障害児支援事業 世界中の障がい児とそのご家族を幸せにする: 児玉 千賀子 特定非営利活動法人アジェンダやまがた 代表理事

上記の6チームは、BPCC16ファイナリストとして認定されました。


なお、以下のメディア掲載をされています。


https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00406619

http://newswitch.jp/p/6781


以上

0回の閲覧

SITEMAP

© MIT Venture Forum of Japan

cropped-MIT-EFJ_logo_final.fw_2.png